自考力コース(低学年)

自考力コースの特長

自考力コースは毎月、パズルとロボットとプログラミングの3種類のカリキュラムに取り組む2年間のコースです。3人~5人で行うのでゲーム性を持って楽しく取り組むことができます。

パズル

ブロックや歯車を使って12種類の図形パズルやゲームに挑戦します。 かたちあわせパズルや立体パズルなど、ルールは簡単だけどなかなか解けない問題に ブロックを使って取り組むことで、図形や立体をイメージする力をトレーニングします。算数的な能力が向上し創造力と表現力が身につきます!

ロボット

モーターやギヤを使って24種類の仕組みを利用したロボットを組み立てます。 ブロックだけでなく、モーターやギヤなどを組み合わせることでさまざまなロボットの動きや仕組みを学び、自分だけのオリジナルロボット作成を行います。 創造力と表現力が身につきます!

プログラミング

センサーやLED を使った13種類のロボットをプログラミングで制御します。 初めてパソコンに触れるお子様にもわかりやすいプログラミング学習ソフトを使い、自動車を走らせたりLEDを光らせるプログラムを基礎から学びます。 論理的思考力と問題解決力が身につきます!

ロボットコース(高学年)

高学年のコースではアーテックブロックを使用します。 ロボットの組み立てと、プログラミングの両方を2年にわたって学習します。

ロボットコースの特長

タイピングができなくてもプログラミングができる!

マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」をベースにしたソフトを採用。小学生でもわかりやすくプログラミングができます。

プログラミングを組んで論理的思考力を身につける

ロボットにイメージ通りの動きをさせるために、まずどのような命令が必要か考え、その命令を効率良く順序立てて並べていきます。筋道を立てて考える必要があるため、論理的に考える力が身につきます。自分で作ったロボットが自分の思った通りに動くので楽しんで学ぶことができます。

自分で問題を解決する

課題に取り組む中でロボットがイメージ通りに動かないときに「なぜ動かないのか」原因を分析し、「どうすれば動くのか」解決策を考え・実行することで問題解決力が養われます。特に原因がわかれば解決できるということを身をもって体験することは子供が将来生きていく上でても役に立ちます。