6月11日市内の小学校の授業で先生がプログラミングをやりたいということでご相談をいただきました。

我々は子供達のテーブルを回って出来ていないグループを中心に次は何をどう考えてどうプログラミングをするべきか?というサポートを行ってきました。

成功すると大歓声が起こっていたので成功だったと思います。

今後もこのような依頼は増えると思うのですがそれに応えるようにして行きたいと思います。